shutterstock_318952265

こんにちは。

犬ユウこと酒匂佑季子です。

 

前回、ワンちゃんを迎えたときにまずそろえるべきモノについてご紹介させていただきましたが、今回はその使い方についてお勧めさせていただきます。

 

ワンちゃんをお家に迎えてまず教えたいのはトイレですね。

 

トイレを購入したところでそのままでは使えません。

 

ペットシーツというものが必要になります。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クリーンペットシーツコンパクト ワイド NS-90WN 90枚
価格:2180円(税込、送料無料) (2017/6/15時点)

 

 

ペットシーツというのは、ワンちゃんのおしっこを吸収してくれるシートタイプのおむつのようなものです。

最近は、香り付きの製品から炭の力で消臭に特化したもの、何度も繰り返し使えるものと性能や値段において様々な種類が出ています。

 

まず、悩むのはサイズですね。

レギュラー、セミワイド、ワイド、スーパーワイドと基本的には4種類のサイズ展開になっています。

 

今回は小型犬までのワンちゃんの場合でお話させていただきます。

私は、まずは「ワイドサイズで匂いのついていないシーツ」のご購入をお薦めします。

価格帯としては、ワイドサイズで100枚2000円くらいのものが良いと思います。

 

この理由として、

①トイレのスペースをなるべく広く用意してあげると成功のチャンスが増える。

人間もワンちゃんもなるべくトイレは成功してほしいはず。

「ちょっとはみ出ちゃって・・・」とお掃除が大変になるよりも広々としたトイレを用意してあげましょう。

トイレの認識が出来ればそのあと徐々にシートを狭くしていくことは可能です。

 

②シートにしたおしっこの匂いでトイレの場所を覚えさせる。

ワンちゃんにおトイレを覚えてもらうために、前回「足元の馴致(じゅんち)」ということを書かせてもらいましたが、その他にも匂いでトイレを覚えます。

シートにしたおしっこのにおいをワンちゃんに覚えさせて「ここがトイレなんだ」ということを認識してもらうためにも、無香料の方がわかりやすいでしょう。1度ワンちゃんがトイレの場所を覚えれば、その後は香料のついたシートを使用しても構いません。

 

③まずは何回か使えるタイプで練習をさせる方が良い。

1回使いきりの安価なペットシーツもありますが、トイレを認識してもらうまでは吸水性をうたっているものを選びましょう。

もちろん、一度に大量のおしっこが出たり、うんちをした後でシートが汚れた場合は別ですが自分のおしっこが残っていて、なおかつきれいな場所がまだあるということが大切です。

 

ここまで読んでいただいてトイレの設置が出来たら、ワンちゃんにトイレを教える「トイレ・トレーニング」を始めましょう。

 

最近はトレーニングに関しての本やネットでの情報が様々出ていますが、やはり早く解決できるのはドッグ・トレーナーさんにお願いすることです。

 

だいたい1時間8,000円くらいでお願いすることができます。

実際、私も1レッスン(1時間8,000円)でトレーニングを行っています。

 

先に回数券を購入しないといけないタイプや10回コース何十万円という設定をされているのトレーナーさんもいるようですが、トレーニング方法やワンちゃんとの相性が合わなかった場合にトラブルの基になりやすいので注意が必要です。

 

特に、トイレのしつけはあまりにも粗相を叱ると「排泄することが悪いこと」と思ってしまい、膀胱炎などの体調不良を引き起こすことにつながってしまうこともあります。

 

なるべく、ワンちゃんもオーナーさんも行っていて楽しいトレーニングをお薦めします。

 

ワンちゃんにもオーナーさんにも、HAPPY溢れる素敵なWan Lifeとなりますように。

犬バカ万歳!!

酒匂佑季子
出張トリミング&トレーニング 犬のMIRAI 代表
社団法人 Paw in Hand 理事


ウィズパピーではサイトを通してご成約されたお客様に、ワンちゃんとの新生活を応援する生活準備金をプレゼントしております。

新しい家族としてワンちゃんの受け入れをご検討されている方は、ウィズパピーのサイトにて詳しいワンちゃんの情報をご覧ください。

(27)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *